施術の流れ

施術の流れ

問診表の記入

1.問診表の記入 10~15分
専用の問診表にお身体の情報を記入して頂きます。
問診表はホームページからダウンロードし、ご自宅で記入もできます。
問診表ダウンロード
※老眼鏡が必要な方はお持ち下さい。

↓

問診

2.問診 30~50分
お悩みの症状の原因を東洋医学的に見極めるため、問診表を基にお身体について詳しくお聞きします。
現代人のお身体の不調の原因はほぼ生活習慣の中にあるため、お悩みの症状以外にも生活習慣や仕事でのストレス、人間関係など一見関係なさそうなこともお聞きしますが、東洋医学的な診断には必要な情報となるためご協力下さい。

↓

体表観察
体表観察

3.体表観察 20~30分
問診で得た情報を基に、身体の不調の原因を絞り込むため、舌診・脈診・腹診・背中や手足にあるツボを確認する体表観察という東洋医学独特の診察法を行い、問診情報と照らし合わせ身体の不調の原因を特定し、治療方針を決めていきます。
東洋医学では「病の応(こたえ)は体表に出てくる」という考え方があるため、この体表観察は非常に重要となり、問診だけではなく、体表に出てきた異常も分析することでより正確な治療が行なえるようになります。

↓

鍼灸施術

4.鍼灸施術 10~40分
当院ではたくさんの鍼を身体に刺すことはせず、「1~3本ほどの少数精鋭」での治療になります。
鍼の本数が多いとツボの反応が干渉し合い治療効果が薄れてしまいますが、治療箇所を少なくすることでツボの反応をよりダイナミックに引き出すことができます。
また、痛い箇所や症状のある箇所に刺すという短絡的な治療は行ないません。

↓

ご説明と養生指導

5.ご説明と養生指導 10~15分
東洋医学的に診た現在のお身体の状態をできるだけ分かりやすくご説明致します。
また、できるだけ早期に回復していただけるよう、日常生活での注意点や取り入れるべきことなどもお伝え致します。
ご自身での養生ができるかどうかが早期回復するためには非常に重要であり、また再発しないお身体にするためにも重要となります。

↓

6.お会計・次回の予約
最後にお会計と次回のご予約をして頂き終了となります。

よくあるご質問

ページの先頭に戻る