【子宮内膜が薄い】着床障害による不妊症の鍼灸治療の症例 名古屋市中川区高畑の蓬祥鍼灸院

ブログ

【子宮内膜が薄い】着床障害による不妊症の鍼灸治療の症例

【子宮内膜が薄い】着床障害による不妊症の鍼灸治療の症例

お腹に手を当てる女性

当院での子宮内膜が薄いことで着床障害による不妊症に対しての鍼灸治療の症例をご紹介いたします。

 

【30歳女性】鍼灸治療を始めるまでの経緯

2020年7月来院。

2017年に結婚し、すぐに子供のことを考えていたが、なかなかできないために1年ほど前に婦人科を受診すると子宮内膜の厚さが月経周期13日目で5ミリしかないことが判明。

ルトラール、プロノバール、HMG-HCG注射を使用しながらタイミング法にて治療を開始するとともに、スポーツジムに通い運動するよう心掛ける。

薬や運動の結果、子宮内膜の厚さは8ミリまでは厚くなるが、なかなか自然妊娠できないため半年前から人工授精に切り替える。

基礎体温は3月ごろまでは2層にも別れており、高温期もそれなりに維持はできていたが、コロナが流行りだし、ジムにいけなくなってから乱れが出てきた。

運動ができなくなると子宮内膜の厚さが以前の5ミリに戻ってしまい、また基礎体温も乱れるようになってきた。

現在までに人工授精は6回行っている。

 

その他の自覚症状

汗をかきやすく食事中でも頭に汗をかいてしまう、のぼせやすい、生理前に胃痛が起きる、寝汗、冷え性、シャワーでも夏場であると汗が止まりにくいなど

  • 脈診:中位細脈
  • 舌診:淡白色褪せ、歯痕舌、白苔、舌裏怒張ややあり
  • 腹診:胃土に邪あり、腹部全体に発汗あり

 

弁証および治療について

肝腎陰虚証による子宮内膜が薄いため着床障害が起きている。

週1回のペースで治療を開始し、6診目を終えた時点で子宮内膜の厚さが10ミリまで改善する。

その後、1度だけ人工授精をするも陰性。

また、「卵胞が26〜30ミリ以上に育っているにも関わらず排卵が起きない」というため、改めて検査をする必要性と体外受精にステップアップを考えているということで転院を勧める。

転院先の病院で検査をすると多嚢胞性卵巣症候群であることが判明。

10月より体外受精に向けての採卵の準備を始め、11月に採卵を行うが子宮内膜の厚さも15ミリと十分すぎる厚さあり。

2月に凍結胚した胚盤胞を移植し、陽性判定が出る。

当院の不妊治療についてはこちら

 

考察

子宮内膜が厚くなるためには血液を子宮に集める必要があります。

しかし、陰虚体質により必要な血液を集めることができないために子宮内膜が厚くならないと考えました。

そのため、鍼灸治療では腎陰虚を改善するための治療を行っていったところ、2か月弱で子宮内膜の厚さは10ミリまで改善することができました。

その後、多嚢胞性卵巣症候群であることが判明しましたが、それほど悪い状態ではありませんでした。

鍼灸治療も体外受精に向けた治療に切り替え、移植前日にも鍼灸治療を行ったところ1回目の体外受精にて妊娠することができました。

【もう悩まない】子宮内膜が薄いというお悩みは鍼灸治療で改善可能な話

プロフィール


【国家資格】

はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】

小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にて2009年にはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE

関連記事

【年齢は関係なし】結婚するならブライダルチェックを受けるべき理由

近々結婚する予定だが、ブライダルチェックを受けるべきかどうか悩んでいませんか? またはなぜ受けるべきか知りたいと考えていませんか? ブライダルチェックは数年前か…

前立腺肥大症に対する鍼灸治療の症例

Contents 30代 男性 前立腺肥大症の症例弁証および治療について考察30代 男性 前立腺肥大症の症例 2019年3月来院。 1ヶ月ほど前から常に尿意があ…

排卵はあるがなかなか妊娠できなかった理由は排卵日のズレだった

こんにちは、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 妊娠希望の方は基礎体温を測り、排卵日がいつなのか?というのは気になる部分かと思います。 しかし、基礎体温は2層に分かれてい…

低音型難聴

【37歳女性】低音障害型難聴の鍼灸治療の症例

Contents 【37歳女性】低音障害型難聴の鍼灸治療の症例鍼灸治療を始めるまでの経緯難聴以外の自覚症状弁証(東洋医学的な体質)と治療について考察【37歳女性…

お腹に手を当てる女性

不妊治療のための鍼灸治療はどのくらいの頻度で通うべきか解説します

蓬祥鍼灸院の長谷川です。 不妊治療のために鍼灸治療を受けようと考えているが、どのくらいの頻度で通う必要がるか気になっていませんか? 不妊治療と言っても年齢や体の…

ご予約・お問合わせ

052-355-6866

ID:@gov2775z

メールフォーム

当院は完全予約制です。

施術中、問診中は電話に出られない場合がございます。時間をおいてからおかけ直し頂くか、お問わせフォームまたはLINEにてお願いいたします。