【36歳女性】ホルモンバランスの乱れ、子宮内膜が薄いことによる不妊症 名古屋市中川区高畑の蓬祥鍼灸院

ブログ

【36歳女性】ホルモンバランスの乱れ、子宮内膜が薄いことによる不妊症

【36歳女性】ホルモンバランスの乱れ、子宮内膜が薄いことによる不妊症

基礎体温表

2015年4月来院。

4ヶ月前から基礎体温表をつけ始めるが、毎回高温期に入ると基礎体温がガクッと落ちる。

また、低温期に高温になる。

来院当初はまだ病院には行っておらず、高温期に基礎体温が下がるということから「黄体機能不全」の疑いがあり。

4月初旬に病院へ行き血液検査とエコー検査を受けた結果、エストロゲンの分泌不足が判明し、さらに排卵期を過ぎても子宮内膜が4mmしかないことも判明。

その他、肝機能検査で要観察となっており、胆のうポリープと 腎結石あり。

  • 月経周期:28日
  • 生理痛:初日に鈍痛があるていど
  • 月経量:少ない
  • 月経色:鮮紅色
  • 脈診:弦脈

 

【弁証】

肝鬱気滞、腎虚

 

治療について

鍼灸治療を始めて1か月後に病院へ行き再度エコー検査を受けたところ、16日、または17日目に排卵があり、子宮内膜の厚さも6.9mmまで厚くなっていた。

また、当初の主訴であった基礎体温も見事に安定を取り戻していました。

その後も同様の治療を継続し2周期目で自然妊娠されました。

 

考察

ストレス体質である肝鬱気滞が原因でホルモンバランスが乱れており、結果的に子宮内膜が厚くならないため不妊となっている状態でした。

そのため、気の滞りを改善する治療を行うことでホルモンバランスが整い、また子宮内の血流も良くなったことで子宮内膜があるくなり、妊娠することができました。

鍼灸治療は子宮内膜が薄いと婦人科で言われてる方のお力にもなれるため、お悩みの方はご相談ください。

【もう悩まない】子宮内膜が薄いというお悩みは鍼灸治療で改善可能な話

プロフィール


【国家資格】

はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】

小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にて2009年にはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE

ご予約・お問合わせ

052-355-6866

ID:@gov2775z

メールフォーム

当院は完全予約制です。

施術中、問診中は電話に出られない場合がございます。時間をおいてからおかけ直し頂くか、お問わせフォームまたはLINEにてお願いいたします。