【36歳女性】妊活と喘息の鍼灸治療の症例 名古屋市中川区高畑の蓬祥鍼灸院

ブログ

【36歳女性】妊活と喘息の鍼灸治療の症例

【36歳女性】妊活と喘息の鍼灸治療の症例

息苦しい女性

当院での妊活と喘息に対する鍼灸治療の症例をご紹介いたします。

 

鍼灸治療を始めるまでの経緯

2022年8月来院。

看護師として働いていた25歳の時にストレスから喘息を発症する。

31歳の時に喘息の症状が悪化したため、入院しステロイドによる治療を受けると喘息の症状は落ち着くが、ステロイドが原因で緑内障になってしまう。

35歳で結婚し、今年から子供のことを考えて妊活を考え始めるが、昨年の12月に風邪を引いてから喘息の症状が再発している。

来年の春ごろから妊活をスタートしたいが、まずは喘息を治してから本格的な妊活に入りたいため鍼灸治療を希望され来院される。

現在は1日3回の吸引とステロイドの内服薬を使用している。

また、緑内障は眼圧も左15、右18と問題ない状態になっている。

家系的にも気管支がが弱く、妹も喘息になっている。

喘息の悪化要因としては風邪を引いた時、季節の変わり目、花粉の時期など。

 

その他の自覚症状や生活習慣

疲れやすい、息切れ、倦怠感、風を引きやすい、食後の眠気、疲れ目、髪のパサツキ、乾燥肌、イライラ(結婚してから)、おこりっぽい、悩み、足のむくみ、肩こり、腰痛(仙骨辺りがドーンとした感じ)、冷え性、トイレが近い、口の中が不味い感じがあり、喉も乾きやすい、上半身が熱くなり下半身が冷える感じあり、頭部の汗、手足のほてりもあり

喘息の症状がひどい時は黄色く、粘着質の痰が出ることが多い。

発作時の呼吸は呼気の方が辛い。

月経周期は28日、月経期間も7日で基礎体温もつけているが、全体的に体温が高いぐらいで2層にも分かれているため特に問題はない。

  • 脈診:中〜沈緊滑脈
  • 舌診:淡紅舌、白苔、はんどん舌

 

弁証および治療について

肺腎陰虚証、脾気虚による喘息

週1回のペースで治療を行っていく。

初回の治療は呼吸が楽になったが、夜中に1回は咳こんで起きてしまうことがある。また、痰の色は白に変わる。

4診目には夜中に咳き込むことがなくなる。

7診目に台風の影響で症状が少し酷くなり、痰の量も増えてしまい、夜中に咳き込むこともあった。

11診目には咳は気にならないが、喉に痰がへばりついている感じがあり、また黄色い痰が出る。

18診目、花粉シーズンに入り鼻のむずむずと咳が出てくるようになる。

20診目からは調子が良くなってきているので、月2回のペースに変更する。また、眼科で眼圧の定期検査を受けると以前よりも下がっていた。

21診目、調子が良い状態が続いているため、吸引を1日2回にしているが、特に問題ない。内服薬は継続中。

28診目、喘息の症状は調子が良く、時々、息苦しさを感じるぐらいのため、4月に入ったこともあり妊活を開始していく。

34診目、妊活を開始して2周期目で自然妊娠する。ステロイドの内服薬は最低でも8週目までは中止とするが、以降も調子よければ飲まない方向に決まる。そのため、鍼灸治療もこのまま月に2回のペースにて行っていく。

喘息に対する鍼灸治療についてはこちら。

喘息でお悩みの方は鍼灸治療が効果的【薬が効かない方は必見です】

 

考察

妊娠、出産前に持病の喘息を良くしたいということで来院されました。

来院当初の喘息の状態は比較的落ち着いている状態ではありましたが、台風が近づいたり、季節の変わり目になるとやや悪化することはありましたが、希望通り、4月には喘息の症状はほとんど気にならない状態にまで良くなりました。

そのため、妊活をスタートしたところ2周期目で自然妊娠されました。

喘息がある状態で妊娠すると胎児に十分な酸素が供給されないことでリスクを伴うこともあるため、持病として喘息を持っている方は妊娠前に喘息の状態を良くしておく方が良いことになります。

妊娠と気管支喘息についてはこちらを参照ください。

現在も月に2回の鍼灸治療を継続しておりますが、ステロイドの内服薬は飲まなくても問題ない状態が続いています。

また、喘息の治療で使用したステロイドが原因で発症した緑内障も眼圧もさらに下がり、また視野検査の結果も良くなっていました。

鍼灸治療はまずは肺腎陰虚という呼吸と関連する肺と腎が渇いた状態を改善させ、その後に胃腸の弱りである脾気虚の治療を行っていきました。

妊活と鍼灸についてはこちら。

妊活に対する鍼灸の効果って実際どうなの課?

プロフィール


【国家資格】

はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】

小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にて2009年にはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE

関連記事

基礎体温表と基礎体温計

【32歳女性】高プロラクチン血症に対する鍼灸治療の症例

Contents 【32歳女性】高プロラクチン血症に対する鍼灸治療の症例鍼灸治療による妊活を始めるまでの経緯その他の自覚症状や生活習慣弁証(東洋医学的な体質)と…

お腹に手を当てる女性

【40歳女性】原因不明の不妊症

Contents 【40歳女性】原因不明の不妊症【弁証】【治療について】【考察】【40歳女性】原因不明の不妊症 2015年8月来院。 平成27年2月に結婚し、す…

考える女性

多嚢胞性卵巣症候群でも自然妊娠するためにやるべき4つの事

多嚢胞性卵巣症候群だけど自然妊娠できるかどうか疑問に思っていませんか? 体外受精や顕微授精は高額だからできるだけ自然妊娠したいと思うのはごく自然なことです。 そ…

【タイミングはいつ?】気になる不妊治療のステップアップについて

不妊治療を始めてみたもののなかなか子供を授かることができないため、ステップアップを考えてるけどタイミングや目安が分からないと悩んでいませんか? 不妊治療はタイミ…

基礎体温表

子宮内膜が薄い原因とは?妊娠にも影響する理由を解説

子宮内膜が薄いことが原因でなかなか妊娠できないとお悩みではありませんか? 受精卵が着床するためには子宮内膜は一定の厚さが必要になるため、内膜に十分な厚さがなけれ…

ご予約・お問合わせ

052-355-6866

ID:@gov2775z

メールフォーム

当院は完全予約制です。

施術中、問診中は電話に出られない場合がございます。時間をおいてからおかけ直し頂くか、お問わせフォームまたはLINEにてお願いいたします。