失明の原因第1位とされる緑内障の鍼灸治療 名古屋市中川区高畑の蓬祥鍼灸院

適応疾患

失明の原因第1位とされる緑内障の鍼灸治療名古屋市中川区高畑の蓬祥鍼灸院

失明の原因第1位とされる緑内障について

緑内障で悩む女性

中高年における失明の原因第一位と言われている緑内障について解説していきます。

 

緑内障とはどのような病気か

目の眼圧は通常10〜21mmHgにたもたれています。

しかし、緑内障は眼圧が異常に高くなったことで視野障害が起こり、最悪の場合は失明してしまう可能性のある注意しなければいけない眼科疾患になります。

また、中には眼圧自体は高くなっていないにも関わらず、緑内障になってしまう「正常眼圧緑内障」と診断される方も増えております。

緑内障は40歳以上になると約20人に1人の割合で発症するとされているため注意が必要となります。

そして、男女比としては1:2と女性の方が男性よりも緑内障になりやすいとされています。

日本における緑内障の約7割が正常眼圧緑内障と言われています。

 

緑内障になる原因

緑内障になってしまう原因は目の眼圧の上昇になります。

目には眼房水という水が常に分泌されています。

この眼房水は通常であれば強膜静脈洞(シュレム管)と言われる場所から静脈に吸収されます。

しかし、この眼房水の分泌と吸収のバランスが悪くなり循環障害が起き、視神経が障害されることで眼圧が高まってしまいます。

また、他の病気の治療でステロイドを使用していることで緑内障になることもあります。

 

緑内障の症状

緑内障の症状は主に2つあります。

  • 視野障害(視野の欠損)
  • 視力障害(視力の低下)

また、眼圧が上がることによって眼痛、頭痛、吐き気、嘔吐、霧視(むし)、充血などがあります。

しかし、実際には緑内障を発症していて視野欠損があったとしても自覚症状としては現れにくくなっており、これが緑内障の落とし穴でもあり怖い部分とも言えます。

では、なぜ視野の欠損があっても気が付きにくいのか?その答えはもう片方の目によって欠損部分を補っているためになります。

つまり、片側では見えない部分があるが、両目になると本来見えない部分も、もう片方の目によって見えているということになります。

そのため、視野障害に気が付きにくくなってしまい、気が付いた時にはかなり進行しているということも多くあります。

 

緑内障の治療について

眼科で診察を受ける男性

緑内障の治療の病院での治療法や鍼灸治療の効果などについて。

 

眼科での治療について

眼科での緑内障の治療は主に3つあります。

  • 薬物療法(点眼)
  • レーザー治療
  • 手術

緑内障の治療で大切なのは眼圧を下げることです。

一般的には点眼薬が使用されますが、点眼薬にも眼房水を抑えるものと、眼房水が流れやすくするものがあり、緑内障の原因によって使い分けがされます。

点眼薬で眼圧が下がれば問題ありませんが、下がらない場合はレーザー治療や手術を行うことになります。

ただし、レーザー治療や手術を行ってもずっと眼圧が低い状態を維持するのは難しいケースが多いため、何度も行う必要が出てくることになります。

 

緑内障に対しての鍼灸治療の効果

緑内障に対しての鍼灸治療の効果はどうなのか気になる方もいらっしゃるかと思います。

緑内障に対しての鍼灸治療の効果については大学病院での研究で緑内障患者に対して鍼灸施術を行ったところ、「効果あり」との結論が出ております。

【論文内容抜粋】

2005年 東北大学医学部付属病院眼科

1年間にわたり十分な治療を受けている緑内障患者11名(男性5名、女性6名、平均年齢66歳)に対し週2回の鍼治療を5週間にわたり実施。

眼圧は各週ともに低下し、視力の回復もみられた。

自覚症状は目の痛み、頭痛、見にくさ、目の疲れ、目の乾燥感、肩こり、イライラ感、耳鳴りの各項目で改善傾向を認めた。

論文の詳細はこちら

この論文からも分かるように鍼灸治療でできることは以下となります。

  • 眼圧を下げる
  • 視力を回復させる
  • その他、緑内障に伴う症状の改善

この3点に関しては緑内障でお困りの方に対しても鍼灸治療で力になることができるということになります。

緑内障に対する鍼灸施術の方法は治療院によっても多少の違いは出てきますが、目の周囲への鍼治療に加えて、当院では一人ひとりの体質の治療も行っていきます。

ただし、鍼灸で緑内障を治療する場合も眼圧が下がったら治療をすぐに止めてもいいかというと、それは少し違っております。

緑内障は完全に治癒することは難しいため、鍼灸を定期的に行って眼圧をコントロールしていくことが目的となります。

そのため、薬を使用したくないという方はご相談いただければと思います。

※鍼灸を取り入れている眼科もあるようです。

熊本県熊本市の北部眼科 小児眼科

 

緑内障に対する鍼灸治療の症例

【36歳女性】ステロイドの使用による緑内障。

1人目の子供を出産してから喘息になり、一時入院するほど悪化したため、ステロイド治療を行ったことで緑内障を発症してしまう。

当時の眼圧は左:22、右24。

退院してから眼科疾患専門の鍼灸院にて緑内障の鍼灸治療を受けると眼圧は下がるものの、風邪を引くと喘息の症状が悪化するとステロイドを服用するため眼圧が上がってしまう。

当時は看護師として働いていたこともあり、この状態が約4年続く。

緑内障を改善するためにも、喘息を改善する必要性を感じて当院へ来院。

来院時の状態としては眼圧は左15、右18と安定はしており、吸引は1日3回、シングレアを1日1回服用中で点眼薬は使用していない。

発作時は黄色の痰が多く、粘着質で症状が収まると白くなってくる。

また、口の中が不味い感じがあり、喉も乾きやすい、上半身が熱くなり、下半身が冷える感じあり、頭部からの汗も増える、手足のほてりもあり、夕方以降が特に息苦しくなりやすく、夜中に咳き込んで起きることが頻繁にある。

 

  • 気色診:顔全体に赤みあり
  • 脈診:中〜沈緊滑脈
  • 舌診:淡紅舌、白苔、はんどん
  • 腹診:胃土、臍下に冷えあり

 

【弁証】肺腎陰虚証、脾気虚証

今回は「喘息が悪化→ステロイドを使用→緑内障が悪化」という流れを止めるため、喘息の治療をメインで行っていく。

治療は週1回のペースで行っていき、呼吸に関係する肺と腎を治療していくが、特別目の周囲に鍼施術は行わない。

鍼灸施術で使用した主なツボは心兪、膈兪、照海、漁際、公孫、陰陵泉、気海などからその日の身体の状態から2~3つのツボを使用。

鍼灸治療を始めてから1ヶ月後には夜中に咳き込んで起きることがなくなり、約3ヶ月後には子供が風邪をひいても自分にうつることが少なくなったり、風邪をひいても喘息が悪化することがなくなる。

鍼灸施術を始めて4ヶ月後に定期検査として眼科にて眼圧検査を受けると左13、右15に下がっていた。

さらに1ヶ月後に視野検査を受けると前回の検査時よりも少しだけ改善していた。

その後も半年後に視野検査を受けると眼圧は左12、右14になっていた。

現在も月に2回のペースで鍼灸は継続中。

鍼灸を始めてから喘息が酷くなることもなくなったため、現在は吸引を1日に2~3回のみでも問題なく、また緑内障の状態も安定した状態になっている。

その他の症例はこちら。

【54歳女性】正常眼圧緑内障に対する鍼灸治療の症例

 

まとめ

緑内障は進行性の病気になるため、眼圧のコントロールが上手くいかないと最悪失明してしまう危険性のある病気になります。

さらに、自分では気が付きにくいという点もあるため、注意しなければいけません。

また、点眼薬で眼圧のコントロールが上手くいかない場合はレーザー治療や手術をすることになりますが、手術には抵抗があるという方は鍼灸治療も検討いただければお力になれるかと思います。

プロフィール


【国家資格】

はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】

小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にて2009年にはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE

ご予約・お問合わせ

052-355-6866

ID:@gov2775z

メールフォーム

当院は完全予約制です。

施術中、問診中は電話に出られない場合がございます。時間をおいてからおかけ直し頂くか、お問わせフォームまたはLINEにてお願いいたします。